本文へスキップ

Gay Travel Asia

タイthailand

 ※お出かけ前に「外務省・タイ海外安全情報」の確認をおすすめします。

アクセス

2012年8月現在、日本からタイ(バンコク)へ直行便を就航している航空会社は、
日本航空、  成田2便・羽田1便・中部1便(往路のみ)・関西2便・福岡1便
全日本空輸、 成田2便・羽田1便
タイ国際航空、 成田3便・羽田1便・中部2便(1便は曜日指定)・関西2便(1便は曜日指定)・福岡1便
ユナイテッド航空、デルタ航空、ジェットアジア、成田1便ずつ

経由便になると出発地の都市ごとに条件が変わってきますので割愛します。

首都圏の話ですが、経由便でよく使われるのが中華航空(チャイナエアライン)でしょうか。
台北乗り継ぎになりますが、そもそも直行便でもこの近辺を飛んでますし、便を合わせれば乗り継ぎが非常にスムーズです。タイムロスは1時間くらい。直行便より安く航空券が発売されてることも多いです。

私の場合チャイナエアラインで以前よく使ってたのがバンコクとチェンマイのオープンジョー。
往路 成田(台北)バンコク。バンコクで遊んでエアーアジアとかのLCCでチェンマイへ。
復路 チェンマイ(台北)成田。場合によっては台北で途中降機(ストップオーバー)。
これで3箇所の都市で遊ぶことができます。

他の経由便の航空会社でも、キャセイパシフィック航空なら香港。ベトナム航空ならハノイとホーチミン。
などなど航空会社を選べばバンコクも含めて2都市・3都市と訪問できる楽しみがあります。
ストップオーバー分だけ航空券が高くなる時もありますが、別々で行くよりかは全然安く済みます。

LCC(格安航空会社)についても現状として書かないわけにはいかないですよね・・・
ですが、直行便は先に挙げたジェットアジア(HISのチャーター便)のみですが経由で行こうとすると、それこそ無数の選択肢があります。また情報が半年もすれば陳腐化してしまいますのでこれも割愛します。

ビザに関して。タイは入国後30日以内の観光目的の滞在で、帰りの航空券を持っていればビザ無しで滞在することができます。ただし入国時にパスポートの残存期間は6ヶ月以上である必要があります。観光以外の目的で入国する人は、ビザを取得する必要があります。

GAY情報

ゲイとしてタイに行くとしたらスポットは以下の4カ所でしょうか。
バンコク・パタヤ・チェンマイ・プーケット

バンコク

別項目を設けました。

パタヤ

パタヤに関しては過去にかなりはまっていまして(年に5・6度訪問)説明することもできますが、ここ数年は年に1度行くか行かないかの頻度になってしまいました。パタヤの基本はゴーゴーバーで男遊びですよね。

ゴーゴーバーに関しては栄枯衰勢が激しすぎて定期的に通っていない限り現状を把握することは不可能と考えています。ですので確実な情報提供はできないので割愛させていただきます。

チェンマイ

チェンマイは過去に数回行ってます。ただ行った時期がかなり古いので情報が載せられません。
早い時期に再訪してチェンマイのゲイ情報を取得してきたいと思います。

プーケット

ごめんなさい、訪問したことがありません。またこの先に訪問する予定もありません。


  • 食事・観光 等

このサイトについて

このサイトは同性愛(GAY)に関する情報が書かれています。理解の無い方、不快に思われる方は他のサイトに移動をお願いします。

サイトの利用と閲覧は、サイト訪問者様ご自身の責任において行ってください。サイトへのアクセスおよびサイトの利用によって生じた直接的/間接的損害に責任を負うことはありません。以上のことに同意された場合のみ、当サイトをご利用下さい